TOYOTA TSUSHO CORPORATIONTOYOTA TSUSHO CORPORATION

世界が求める
現実をつくる。

TOYOTA
TSUSHO
RECRUITING
2018

世界が求める現実をつくる。

ABOUT TOYOTSU Diversity & Inclusion

Diversity & Inclusionに
向けた取り組み

「多様な人材が活躍できる組織へ」

豊田通商では2006年より、「性別や年齢などに関わらず、誰もが力を発揮できる組織となり、新たな価値の創造を目指す」をコンセプトに
女性活躍推進やワークライフバランス推進、障がい者活躍推進など、多様な人材が活躍できる職場づくりを進めてまいりました。
2014年度には、社長自らが「Diversity & Inclusion (D&I)宣言」というトップコミットを行い、
「浸透元年」として新たなフェーズへと突入し、経営上の重要な戦略のひとつとしてD&Iに向け更なる取り組みを強化しています。

【 Diversity&Inclusionの定義 】

さまざまな違いを尊重して受入れ、「違い」を積極的に活かすことにより、変化し続けるビジネス環境や多様化する顧客ニーズに最も効果的に対応し、豊田通商グループ全体の優位性を作り上げること。

【 言葉の意味 】

Diversity :
国籍、人種、年齢、性別などの属性やその他の要素(性格・価値観など)の異なる人材が存在する状態 Inclusion :
「違い」に係わらず、全員が組織に平等に参加しその能力を最大限発揮出来るようにすること。

ワークライフバランスをサポートする制度(抜粋)

  • 産前休暇(6週間)多胎妊娠の場合は14週間産前休暇(6週間)多胎妊娠の場合は14週間
  • 育児休業育児休業
  • 子の看護休暇(年10日/小学校就学まで)子の看護休暇(年10日/小学校就学まで)
  • 育児短時間勤務制度育児短時間勤務制度
産前産後休暇
産前6週間(多胎妊娠の場合は14週間)、産後8週間まで休暇を付与されます。産前産後休暇中は給与は通常どおり支給されます。
育児休業
子どもを養育する社員(勤続1年以上)は、男女問わず子どもが満2歳に達するまでの間(法定では1歳6ヶ月)、育児休業を取得することができます。
また、育児休業前や復帰前に面談を設けるなど細やかな支援体制も整っています。
育児短時間勤務制度
出産後に職場へ復帰後、勤務時間を最大6時間まで短縮して働くことができます。この制度は子どもが小学校1年生の年度末まで利用することができ、半日有給休暇、フレックスタイム制度との併用が可能です。これによって柔軟な働き方を実現しています。
子の看護休暇
小学校就学前の子どもの病気やケガの看護をするために、年次有給休暇とは別に子の看護休暇を年に10日間まで取得することができます。
その他 母性保護制度
妊産婦および女性社員の母性保護を目的として、妊娠障害休暇、妊娠中の通院の許可、通勤緩和の措置、時間外労働の制限など、休暇やフレックスタイム制度の利用などが保障されています。

豊田通商が受けている認定各種

PAGE TOPPAGE TOP