TOYOTA TSUSHO CORPORATIONTOYOTA TSUSHO CORPORATION

世界が求める現実をつくる。

PEOPLE 豊通社員 TALK SESSION

豊通社員 TALK SESSION

TALK SESSION 03
OJT CROSS TALK
新入社員 OJTリーダー
OJT
… On the Job Trainingの略。
OJTリーダー制度
… 当社では入社後1年間、配属部署の先輩がOJTリーダーとして指導にあたります。
  • グローバル部品・ロジスティクス本部
    物流事業部 輸送事業統括グループ

    勝瑞優希YUKI SHOZUI

    2015年入社

    学生時代のバックパックの経験から海外で働きたいという思いで豊田通商への入社を決断。「どの国にも、産業があり、そこで働く人がいて、経済が成り立っている。事業を通して、世界に貢献していきたかった」と入社当時の想いを語る。

  • グローバル部品・ロジスティクス本部
    物流事業部 輸送事業統括グループ

    財徳明生AKIO ZAITOKU

    2006年入社

    中近東自動車部でパキスタンでの自動車代理店の販売支援・マーケティング業務などを担った後、2009年に物流事業部に異動。物流事業体の管理や運営サポートを経て、2010年から5年間、天津での駐在を経験する。

※所属部署及び内容は取材時のものです。

TALK THEME 01
豊田通商のOJTについて
勝瑞
入社して8ヶ月が過ぎようとしていますが、私が配属されてきた時、どのような印象を持たれましたか?
財徳
いきなりだね(笑)。本音で話せば、「とても大人しい」というのが第一印象かな。勝瑞は配属されて、どう感じていたの?
勝瑞
右も左も分からない、どうしていいのか分からない、それが正直な気持ちでした。
財徳
それは、仕方ないと思うな。そのような状態の勝瑞を、OJTリーダーとして、どう伸ばし、導いていけばいいかと私は必死に考えた。その時に、振り返ったのが自分の入社時代。自分も何も分からなくて不安だったことを思い出した。その中で強く印象に残っているのは、当時のOJTが懸命に教えてくれたこと。とにかく、自分が知っていることを一つひとつきちんと伝え、教えていこうと決めたんだ。
勝瑞
財徳さんには配属当初から、本当に面倒を見ていただきました。メールも資料も、一文字一句すべて確認、添削してもらいました。財徳さん自身、多忙にも関わらず、時間を取って、事あるごとにレクチャーいただいたことも心に残っています。
財徳
懐かしいな。豪亜、北・中・南米、中国、欧州、アフリカにおいて、輸送事業の企画立案や既存物流事業体の管理、運営サポートを行っていく私たちの業務は、世界を相手にしている。だからこそ、勝瑞にはグローバルな舞台で活躍できる人材に育ってほしいと心の底から思っている。そのためにも、まずは基本が大事だと考えたんだ。
勝瑞
ありがとうございます。
財徳
OJTリーダーというのはすごく大切な存在で、責任も重い。真っ白な状態の勝瑞に豊通パーソンとしての道を示していく、それは、勝瑞の仕事人生の起点を担うということに他ならないからな。
勝瑞
新入社員にとってOJTリーダーの存在は本当に大きいと私も感じています。同期と話をするのですが、誰からも、手を抜いたり、あまり考えくれないOJTリーダーの話を聞いたことがありません。OJTリーダーに限らず豊田通商の先輩は本気で自分たちを育てようとしてくれていると新入社員みんな実感しています。
財徳
それは伝統だと思う。OJTリーダーに教えられ、成長できたおかげで、今があると感じている社員は、次の世代にもきちんと伝えていこうという意志を持つ。豊田通商にはそのような伝統が受け継がれているんだね。
勝瑞
そうですね。ところで、この前、中国の駐在員の方から、「財徳は厳しいだろう」と言われたのですが、私には、そのような印象がありません。
財徳
それは、私自身、人によって、どのように接すれば成長につながるかを考えて、行動しているから。勝瑞もいつかこの立場に立つときがきたら分かるだろうけれど、厳しくする、優しくするというのは、あくまで方法論でしかない。本当に大切なのは、勝瑞が成長すること。そのために何が最適かは、今でも悩む日々だけどな。
勝瑞
私のことをそこまで考えていただき、本当にありがとうございます。財徳さんの期待と想いに応えられるように、頑張っていきます。
財徳
基本は明るく前向きに。これからも、ともに頑張って進んでいこう。
PAGE TOPPAGE TOP