TOYOTA TSUSHO CORPORATIONTOYOTA TSUSHO CORPORATION

世界が求める現実をつくる。

TOYOTA TSUSHO RECRUITING 2019

世界が求める現実をつくる。

PEOPLE 社員の意志

社員の意志

03

皆がこのままでいいと言っても、
私には関係ない。
負けられない。

アフリカ自動車部 アフリカ第一グループ

古谷文平
BUMPEI FURUYA2010年入社

皆がこのままでいいと言っても、私はそれに甘んじない。1分1秒が闘い。一度背を向けてしまったら、取り返せなくなるからだ。

私が担当するアンゴラを中心としたアフリカ四カ国の自動車事業では、今、韓国自動車の攻勢が著しい。しかし、メーカーは静観し、代理店は次のモデルが投入されるまで様子を見ようと動こうとしなかった。
だが、各国代理店への販促をはじめとしたマーケティング支援や経営管理を担う私は、これでは、たとえ次のモデルを投入したとしても負けると思った。代理店を動かすためにも、まずは価格の値下げを実現しなければならないと考えた。

一人から始まった闘い。昼夜を問わず、資料を作成しては、メーカーと膝を突き合わせ、今取り組まなければ手遅れになると説き続けた。何度も何度も繰り返した交渉。それが、実を結び、価格の値下げを実現する段階では、私の行動に代理店の人たちも本気になってくれた。
韓国自動車の攻勢にも歯止めをかけることができ、モデル末期にも関わらず、ブランドのシェアの増加に繋げることができた。

私が担当する自動車事業は豊田通商の中核事業としてオペレーションが確立されており、正直ルーティンでこなすこともできる。そして、こなすだけの方が楽だろうとも思う。でも、闘わない挑まない人生なんて面白いだろうか。私は面白くない。負けたくないと思う。

だから皆がこのままでいいと言っても譲らない。そしてどんなに汗に泥にまみれようとも、自らのバリューを発揮していくために決して立ち止まらない。
課題意識を持ち、今自分が何ができるかをどんなときも考え抜いていきたい。それが、これからも変わらない、私の意志であり曲げられない想いだ。

※所属部署及び内容は取材時のものです。

PAGE TOPPAGE TOP