TOYOTA TSUSHO CORPORATIONTOYOTA TSUSHO CORPORATION

世界が求める現実をつくる。

PROJECT WORLD PROJECT

WORLD PROJECT

USAアメリカ/金属資源リサイクル事業

地球環境への思い、それがリサイクルに革新を生む

PROJECT MOVIE

グリーンメタルズグループの立ち上げにより、
独自のリサイクル事業は今、さらなる未来へ歩み始めている。

スクラップ加工処理のための建屋や重機などを自ら保有し、自動車や部品の生産段階で発生する金属くずをリサイクルするビジネス。現場に入り込み、金属資源リサイクルのニーズを知る豊田通商だからこそ実現できた事業だった。2000年の本格スタートから、早20年余り。時代の変化を見定め、未来を先取り、進化し続ける金属資源リサイクル事業の今に迫った。

BACKGROUND EPISODE
今に至るまで

念願の海外駐在
現場に入り込みとにかく進んでいった。

宮城由美子Green Metals, Inc.

豊田通商は若手から挑戦でき、また、さまざまな国の人たちと仕事ができるグローバルな企業です。
私自身、入社7年目でテキサスに駐在。念願の海外勤務でした。
金属資源リサイクル事業に、それまでも営業・企画面で関わってきましたが、
駐在員として、現場に入ることは初めての体験。
しかも、オペレーションを担っている現場のメンバーや工場長・経営陣など現地社員の中で日本人は私ただ1人。
何から取り組めばいいのか正直手探りな状況で、試練と感じることもありました。
その中で、私が決して忘れなかった思いは、自らの目で見たもの、肌で感じたものこそが、ビジネスの原点だということ。
徐々に見えてくるビジネスの輪郭、そして現場の思い。
それらを受け止めた上で、私たちがより発展していくために、何が必要なのか、
これからのビジネスにどんな変化が考えられるのかを考え抜き、労を厭わず現地社員と議論を重ねていきました。
私の思いと行動に、現地社員も心を開いてくれ、
困ったことが生じれば助けてくれる本当の仲間、同志とも言える関係を築くまでに至りました。
現場にこそ、ビジネスの全てがあり、自ら動けばドラマは動き出すことを実感した駐在経験。
これからも、現場に入り込む商社パーソンとして、歩み続けたい。

PROJECT MEMBER EPISODE

現地・現物・現実の象徴、PPE。

現地・現物・現実の象徴、PPE。

個人用防護具、PPEは現場に入る際の必須アイテムです。豊田通商では安全に対して、最大限の取り組みを行っています。1年に1回、1週間ほどの期間をかけて行われる金属本部安全大会では全世界から関係会社・子会社など約500名が集まり、安全への取り組み事例を発表し、共有。現場を大切にする豊田通商だからこそ、根付く文化だと思います。何も起こさず、来た姿のままで帰る。働く人々を守る基本が、安全です。PPEを身につけるたび、私自身、常に気が引き締まります。

  • ※personal protective equipmentの略省
宮城由美子Green Metals, Inc.

※所属部署および内容は取材時のものです。

PAGE TOPPAGE TOP